CONTENTS

子供の成長を援助できる家庭教育の必要性

教育はとても重要なことです 家庭で子ともに対して行われるものに家庭教育があります。子供が自分の力で育っていくのを、親が援助してやることです。子供が健全に育っていくためには、感情が安定していることが大切です。そのことを基盤として、興味や意欲、意志といった自主性とか他の人を気遣う協調性が生まれ、知恵や体力がついていきます。子供の感情が安定するためには、ほめてあげることが大切です。大人が共感したり一緒に遊んでやったりして、基本的な生活を守ってあげたうえでのしつけが大切です。

昔に比べて、昨今の家庭や社会環境の変化は子供たちの人格形成にとって問題もあります。今の家庭は少子化で核家族になりました。少ない子供を社会のたくさんの大人が過干渉して感情が安定しなかったり、自主性が育たなかったりします。友達同士で遊ぶことが少なくなり協調性が少なくなっています。しかし、社会の変化に対しては親は何もできません。親が子供に対して行ってあげれることは、自分が大人になって心のゆとりを持ち、子供にも悪い感情が芽生えることがあることに共感してあげて、それを良い方向へ戻してあげること。そして、ほめてあげたり、基本的生活習慣を整えること。しかるべきところは叱ること。今の社会環境においても今なりに、子供の心と体の健康に気遣うことが必要です。

Copyright (C)2018教育はとても重要なことです.All rights reserved.